いびきの原因

いびき解消に効くロカボレシピ10選/パスタやカレーなども工夫次第で毎日食べられます!

投稿日:

 

注目を集め始めているローカーボダイエットですが、肥満解消によりいびきの解消も見込めます。

口いびきの改善・予防策
旦那のいびきがうるさい!メタボを痩せさせるためのローカーボダイエットとは?

旦那さんのいびきがうるさくて眠れない!と悩んでいる女性の方も多いのではないでしょうか。 男性のいびき原因は「太りすぎ」によるものが最も多く、中年男性はいびきリスクがグ~ン!と上がってしまうのでいた仕方 ...

続きを見る

 

よく比較される糖質制限ダイエットよりも緩く、それでいてしっかりと効果が出るので非常に人気なダイエット方法です。

そんなロカボにおすすめの美味しいレシピを10個、ご紹介していきます。

 

ロカボレシピ

ロカボは1日に摂取できる糖質量をコントロールする必要があります。

目標とするダイエットの期間などにもよりますが、摂取量は概ね150グラム前後が基本となります。

糖質は肉・魚にはあまり含まれていないことが有名ですが、意外にも野菜は多く含まれている食品(例:とうもろこし)もあるので注意しましょう。

 

ではレシピを順にご紹介していきます!

 

豚バラ柚子胡椒パスタ

材料はめんつゆ(糖質ゼロのもの)・柚子胡椒(びたけんがお勧め)・低糖質パスタラード・ニンニク・キャベツ・豚バラ肉・ぶなしめじ・ブロッコリースプラウトになります。

あとは普通にパスタを茹でて肉や野菜と炒めれば完成です!

低糖質のパスタは一般的なネットで簡単に手に入ります。

 

ブルーベリーレアチーズアイス

室温に戻したクリームチーズと無塩バター、さらに液状ラカント・生クリーム・卵を加えミキサーで混ぜれば、容器に入れた後にジャムを入れて軽くスプーンで混ぜるだけで出来上がりです。

糖質制限中もアイスを我慢しなくても大丈夫!

 

カルボナーラ

材料や作り方は低糖質パスタと塩(ぬちまーす推奨)以外には基本的に普通のカルボナーラと変わりありません!

ポイントとしては生クリームに動物性のものを使うことです。

糖質が高いイメージがあるカルボナーラでも安心して食べられます!

 

鶏むね肉のカレーマヨ炒め

カレーパウダーには低糖質なイディアン食品を使い、無塩バターやミネラルたっぷりの天然塩のぬちまーすを使うこともポイントです。

アボガドは抗酸化作用を持ち、さらに腸管炎症を抑えるココナッツオイルを使用します。

アボガドが苦手な人でもおいしくいただけるように考案されたものだそうですのであまり得意ではない方も是非一度お試しください!

 

ココナッツミルクのパンナコッタ

耐熱ボウルにココナッツミルク・生クリーム・ラカントSを加え、レンジで二分前後温めます。

そして水でふやかしたゼラチンを入れて混ぜ、ヨーグルトも入れて混ぜましょう。

濾してから冷蔵庫で冷やせば完成です!

 

抹茶わらび餅

使うのは水と抹茶パウダー、エリスリトール、オオバコのみです!

材料を順に鍋に入れ、泡だて器で泡立てたら焦げ付かないように弱火で2~3分です。

粗熱を取ったらあとは冷やして完成です。

この餅は糖質がなんと一切含まれていないので糖質制限中でもスイーツとして食べられます!

ポイントとして抹茶パウダーは無糖タイプを選びましょう。

 

生チョコ風

室温に戻したクリームチーズとバターをボウルに入れて混ぜ、次にラカント・温めた生クリーム・ココアパウダーを順に入れながらよく混ぜましょう。

冷めないうちにラップを敷いた型に入れて冷蔵庫で冷やしましょう。

きれいにカットしたいときは冷凍すると簡単に出来ます。

まるで生チョコのような味が楽しめます!

 

アボガドグリーンカレー

鶏ガラから作ったボーンブロスとアボガドを使っていて、なんと糖質は一人分で6.8gです!

ボーンブロスとは、圧力鍋などで鶏ガラを6時間かけ煮込んだものです。

カレーパウダーはインディアン食品、塩はぬちまーすが推奨されます。

 

アボガドジュース

栄養価の高いアボガドを使い、さらに栄養価も高く加えて低糖質なアーモンドミルクを使っているのが魅力です!

それに加えてココナッツミルクを使うことで腹持ちを良くしています。

脂質が多めになっているので糖質制限中のエネルギー不足を補うのにも適しています!

 

マグロ&アボガドのユッケ風

薬膳食材として用いられる大葉と山芋を使用し、さらにミネラルを豊富に含んでいるマグロとアボガドを使っているため栄養価はバッチリ!

山芋と大葉により血糖値の低下や血行促進などの健康効果も見込めます!

 

まとめ

ロカボ食10選を紹介してみました。

ダイエット中に食べるなんてもってのほか!だと思っていたカルボナーラやカレーなども、工夫次第では毎日食べることも可能です。

 

様々なレシピをご紹介しましたが、このほかにも沢山のレシピは存在しますし、ご自分で新しいレシピに挑戦する!というのも一種の楽しみとしては良いんじゃないでしょうか。

-いびきの原因

Copyright© ばいばい!イビキくん , 2019 AllRights Reserved.